出会って2日で婚約して、その2週間後に結婚した話

【この記事はだいたい7分で読めます】


 夜は子守りで一日中起きています「えらいてんちょう」です。くそみたいなバーのてんちょうをしています。
 2016年に、出会って2日で婚約して、結婚して、間もなく結婚1年を迎えるのですが、今回はこれだけ結婚が難しい時代なので、逆にもっと気軽にサクッと結婚しようぜ、という話。

 【前史】

 2016年の初頭くらいから、「結婚したいなァ~」「子ども欲しいなァ~」と漠然と思い始めたわたし。結婚相手に求めるものは、全面的に扶養するから、破天荒なわたしの生活にあまり口出しせず、自由にやれせてくれて、すぐに子どもがほしいので、同じくすぐ子どもがほしいひと。仕事はしてもしなくてもオーケー。

 【出会い:キワモノ婚活パーティ編】


 自分が経営してる店 で「キワモノ婚活パーティ」という企画をやってました。2016年7月にやった回に妻がやってきます。
 参加者の発言の一部を紹介しますと
 「俺は無職だけど親は薬剤師で、実家は持ち家です!親太いです!」とか
 「障害者手帳2級なんで、年金がもらえます!あと、公営住宅に入りやすいです!」とかまぁひどいパーティだったのですが、妻(当時23歳。発達障害で精神障害3級)とはそこで出会いまして、そのあとすぐに結婚することになります。(私は、未診断だがおそらくADHD)

 【初デートでプロポーズ】

 会った日に、お互いに好意を確認しまして、連絡先を交換し、次の日にデートをしました。妻は当時、障害者枠でなく、新卒採用で会社員として働いていたのですが、かなり仕事がシンドイのだけど、実家と折り合いが悪く、やめたら自殺するしかないといっていました。てんちょうは、生活保護申請随行のボランティアをしていたので(「貧困は社会のせいだ!」と信じて、生活保護申請随行のボランティアをしたら、クズばっかりだった話)、仕事をやめても生活保護を受ければいいよ、実家と折り合いが悪ければその旨を説明すれば、実家に連絡いかずに生活保護を受けることもできるよ、と説明しようかと思いましたが、初デートで生活保護の申請を勧めるのも野暮なので、「仕事やめて結婚する?養うよ」とプロポーズしました。

 【結婚するうえで必要な種々の情報の交換、結婚の条件が合う事を確認】

 その夜は家までおくって別れまして、ラインでさまざまな情報交換をします。子どもはどれだけ欲しいとか、仕事に対する価値観のこと、家族のこと、生育歴のこと、信仰している宗教のこと、持病のことなど、いろいろ話しまして、特に問題がなさそうだったので、本当に結婚したいなぁ~と思うようになりまして、その日の夜に会い、結婚に向けて動くことを確認しました(婚約成立)。

 【かなり簡素に親にあいさつ】

 自分は父が亡くなっていたので、母に「結婚しようと思う」と報告しましたところ「半年くらい待った方がいいんじゃない」という至極真っ当なことを言われましたが、まぁだめだったら別れりゃいいじゃんという感じで妻とは話していました。
 妻は実家との折り合いが悪かったので、とりあえず電話で報告しましたところ、お母様からは「認めない」「(相手の男とは)話もしない」ということでした。(お父様は「決意が固いようだし」ということで結婚やむなしということでしたが、公に認めるとお母様との関係上まずということで、電話でご挨拶だけしました。)結婚1年弱になりますが、いまだに妻の両親に会ったことはないです。
 妻とは、「憲法で婚姻は両性の合意のみによると書かれてるし、親とか関係ないけど、一応義理があるから<報告>してるだけなのに、<認めない>とか、<ウケる>という話をした記憶があります。


 【妻は休職して退職準備・同棲開始】

 妻は会社にいって働くのがシンドイ状況だったので、休職届を出しまし、一か月後に正式に退職しました。
 わたしが借りていた家に二人で住み始め、結婚に必要な書類を集めます。妻の本籍地が遠方だったため、これが結構時間がかかり、2週間くらい正式な結婚が遅れることになりました。

 【結婚後最初の食事は松屋】

 区役所に届けを出して、正式に夫婦になったわれわれは、松屋で飯をくいました。結納とか、結婚式とか、めんどうくさいしお金もないので、一切やってないです。

 【結納とか結婚式とかは前世代の遺物だと思う件】

 やりたい人はやればいいと思うんですが、親へのあいさつとか、結婚式とか、めんどうくさいし大変なんですよね。発達障害者にはとてもできないです。あれって、結婚がすごく簡単だった時代に、一応それくらいは出来る人間であることをお互いに、お互いの家族同士確認して、ヤバすぎる人間を排除する機能があったと思うんです。

 いまは、だーれも結婚できない時代です。婚紹介おじさん、おばさんもセクハラとして消滅してしまったし。誰も結婚できない時代なんで、結婚の手続きなんて簡単でしかるべきなんじゃないかと思うんです。

 【結婚は思わぬメリットがたくさん】 


 届けを出すと、予想しなかったいろいろな効果があります。一番大きいのは、周りがわれわれを夫婦として扱うことです。役所の人間も、奥様、ご主人とわれわれを呼びます。(これが嫌だというひともわかるが・・・)一部のバカを除いて、自分も妻も、異性から余計なアプローチを受けません。周りの扱いが変わることではじめて、本当に夫婦になれたような気がします。
 私は自営業者なので、社会的信用皆無で「キワモノ」扱いを受けていたのですが、結婚して子どもがいるとなると、みんなある程度まともな人間として扱ってくれるのも思わぬ効果でした。収入の安定しない、社会的信用がないフリーランスの人間こそ結婚すべきだと思います。紙出すだけで信用得られるのでコスパいいです。

 【まとめ:もっと雑に結婚してみない?】

 結婚は一生のことだから慎重に、なんて思って、せっかくの婚期を逃していませんか?
 将来は結婚したいなと思っている人は、今すぐ結婚してしまいましょう。駄目だったら別れりゃいいです。先延ばしにしてもいいことありません。親も収入も結婚式も関係ない。駄目だったら別れればいい。もっと雑に結婚してみませんか?

 結婚一か月で妊娠が判明し、てきとう子育てが始まりますが、それはまたの機会に。

共有してもらえると書く気力がわきます。

木戸銭をください。こちらから買い物をすると筆者の収入になります。
欲しいものリストはこちらです。




コメント